【娯】ニンテンドーWi-Fiコネクションの代替サーバーの話

 2014年5月20日夜をもって終了してしまった「ニンテンドーWi-Fiコネクション」
 3DSや2DSの前身である、NINTENDO DSではネットワーク機能を使う場合「ニントンドーWi-Fiコネクション」への接続が必須でした。有料版は継続的にサービスが提供されているとされるコネクションサービス。これが全く使えない・・・という理由で、3DSなどに移行した人も多いとされます。



 コネクションサービスが使えないということは、この「おいでよ、どうぶつの森」のネットワーク機能もほぼ使えない状態になってしまいました。

 ・・・しかし、海外の有志団体がWi-Fiコネクションの外替サーバーを開設しています。Wiimmfiというプロジェクトがあり、こちらに接続するようにすれば、無料のWi-Fiコネクションを再現でき、マリオカートといったゲームを楽しむことができます。また、どうぶつの森においては「フレンドコード」の交付を受けることができました。ほぼほぼ、公式で提供されていた内容で遊ぶことは可能となります。

 具体的な設定方法としては・・・

① DSのWi-Fiコネクション設定を開く(3DS/2DSの場合は別に設定が必要) 
② DNSプライマリ設定を「178.62.43.212」に設定 
③ DNSセカンダリ設定を「8.8.8.8」に設定 

以上で任意団体のサーバーへ接続されるはずなので、おい森を起動。



 おい森を立ち上げて、もんばんさんがいる関所へ向かい、友達コードをあらかじめ入手、登録することでWi-Fiコネクションへ接続、ほかの村へ接続することが叶うようになります。尚、有志団体で運用されているサーバーが多くあり、確実に交流ができるかどうかは不明ですが・・・古いDSをお持ちの方で、公式のWi-Fiコネクションサービスが使えないと嘆いている方は試してみる価値はありそうです。参考までに・・・

 尚、非公式で各有志団体が提供しているコネクションサービスな故、ご利用は自己責任で・・・